ANAクラウンプラザホテル広島 総料理長に澤村収二が就任いたしました。

201301_newsrelease.jpg
 
ANAクラウンプラザホテル広島(広島市中区、総支配人:渡邉洋一郎)では、
1月15日付にて 総料理長に、中国地方では唯一、西洋料理の料理人として
「現代の名工」の受賞歴を持つ澤村収二が就任しました。
新総料理長の澤村収二は、1977年に調理師学校を卒業後、数々のレストラン・ホテルで修業を積み、
1986年に広島全日空ホテルに入社、ホテル内の洋食部門を全て経験し、
また国内外の 料理コンテスト等でも優秀な成績を収めてまいりました。

2009年からは当ホテルのカジュアルダイニングフリュティエの料理長として腕を振い、
自ら現地に直接足を運んで選んだ食材を使用するなど、
地産地消をベースにした料理や安心・安全を第一に柔軟な発想でアレンジした
華やかな料理などを提供してまいりました。

昨年11月からは総料理長代行として、ホテル内の全レストランを統率しながら、
新しい婚礼メニューの開発などを手掛け、現在に至ります。
新総料理長の就任を受けて1月15日からは各レストランの料理長も新体制がスタートしました。
これからも進化しつづけるANAクラウンプラザホテル広島にどうぞご期待ください。
 
 
【澤村収二 略歴】
1977年3月 酔心調理師専修学校卒業
1986年3月 広島全日空ホテル(現 ANAクラウンプラザホテル広島)入社
2005年1月 同ホテル 洋食宴会調理長
2009年2月 ANAクラウンプラザホテル広島 カジュアルダイニングフリュティエ料理長
2012年11月 同ホテル 総料理長代行 兼 フリュティエ料理長
2013年1月 同ホテル 総料理長 (現)
 
【賞歴】
1990年 第7回国際料理コンテストシンガポール大会 ホット・コール部門 銀賞
2009年11月 平成21年度広島県優秀技能者表彰 受賞
2011年11月 平成23年度卓越した技能者表彰(厚生労働大臣表彰)現代の名工 受賞